マッサージの種類と効果の違いについて

バナー

マッサージの種類と効果の違いについて

疲れがたまった時などにマッサージを利用するという方も多いと思いますが、マッサージと一口にいってもその種類は多岐に渡り、また、施術方法によって身体にもたらされる効果も違ってくるとされています。

まず、マッサージには国家資格が必要なものとそうでないものがあります。

新宿のマッサージ情報は信頼性が高く、好評です。

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師は国家資格で、この名前を名乗って施術をする場合は必ず資格を取る必要があります。


リフレクソロジーやカイロプラクティックなどは国家資格ではないので、誰でも自由に開業する事が出来ます。

銀座のエステの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

施術にはそれぞれ違いがあり、例えばあん摩マッサージでの施術は筋肉の凝りをほぐす以外にも、腰痛や頭痛、不眠などを和らげる効果があるとされています。


はり治療は自律神経の乱れやホルモンバランスを整えるのに良いと言われていて、むくみをすっきりさせるなど、見た目にも分かりやすい変化がある事も特徴の一つです。

よく聞く「リラクゼーション」を謳った施術は、医療目的というよりもむしろリラックスをメインに置いた施術とされていて、主にエステのメニューなどに組み込まれている事が多いようです。
お灸は身体にあるツボに、もぐさと呼ばれるヨモギの葉の綿毛に火を焚いて置く事で、血行を良くして便秘や冷えなどの症状を緩和するとされています。

熱いというイメージがあるかもしれませんが、現在は火を使用しないお灸もあるようです。自分の身体の具合や症状に合わせて、適切なものを選ぶようにするといいでしょう。

4meee!情報探しにぴったりの情報を提供いたします。